構造機能科学研究所 〜お肌の健康と美容に「RIMシリーズ」〜

トップ > ブログ

カレンダー

2020年04月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

※赤字の日はお休みさせていただきます。

スキンケアとは

ブログ

治療から予防へ(セルフメディケーション)
8.胎児の免疫

免疫は健康の基本であることから、様々な分野からアプローチされています。
私の場合は、アレルギー急増の原因追究とアレルギー予防の観点から、また科学・技術面では「生体分子⇒超分子⇒細胞⇒免疫細胞」の観点から、免疫を追究してきています。

免疫は、奥が深く難解で未知な部分も多いことから、普段はあまり気にしていないというのが多くの方々の実情ではないかと思います。
…続きを読む…

治療から予防へ(セルフメディケーション)

7.統合医療

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大しており、多くの皆さんが不安に感じておられることと思います。

特定のウイルス感染症では抗ウイルス薬が有効な場合がありますが、多くのウイルス感染症は、自分の免疫力で自然に治癒するのを待つ必要があります。

予防医療・セルフメディケーションの鍵が免疫と思いますので、これを機会に免疫に対してする関心が高まることを切に願っています。
…続きを読む…

治療から予防へ(セルフメディケーション)

6.消化とアレルギー

新型コロナウイルス(COVID-19)で世界が騒然としており、まだ先が見通せない状況にありますが、心の免疫力を高めて乗り切っていただきたいと思います。

さて今回は、花粉症との交叉反応にも拡大している食物アレルギーについて触れてみたいと思います。
食物アレルギーは、アナフラキシーショックを起こして死にいたる場合もありますので、アレルギーの中でも最も注意を要するアレルギーです。
…続きを読む…

治療から予防へ(セルフメディケーション)

5.免疫力

新型コロナウイルスの感染拡大が国内外に広がっており、予防の観点から、日本政府は全国の小中学校などに臨時休校を要請しました。

今回の要請をめぐっては、急であったこともあって、自治体や教育現場、保護者から「唐突すぎる」「場当たり的だ」などと批判の声が噴出しています。一部の商品が品不足になり、必要な人の手に入らないような状況になっています。

人は未知の危険に遭遇したときには、不安になり、情報によってパニックに陥ってしまいます。
事態の本質を理解して、冷静な対応が求められます。


いかなる病気に対しても、その防衛に当たる生体機能の基本が「免疫」です。
特に、ウイルス等の病原体に対する抵抗力は免疫力に依存しています。
…続きを読む…

治療から予防へ(セルフメディケーション)

4.花粉症

立春も過ぎて春到来!雪国生まれの私にとっては心ときめく季節のプロローグですが、花粉症の方にとってはブルーシーズンの到来になってしまっており深く同情いたします。
今年は、暖冬の影響で、スギ花粉の飛来は早まっているが花粉量は少な目と予想されています。

花粉情報については以下をご参照ください。
花粉飛散予測は、九州・四国・本州は時期によって「スギ中心」→「スギ・ヒノキ」→「ヒノキ中心」と変化します。北海道は「シラカバ」を対象としています。
https://tenki.jp/pollen/

少し前のことになりますが、NHK『あさイチ』(2011年11月18日)や読売テレビ『世界一受けたい授業』(2013年2月2日)でも放送されましたのでご覧になられた方もおられることかと思います。
…続きを読む…